アンチ・バーク・カラー:何のためにあるのか、どのように使うのかを理解する!

アンチ・バーク・カラー:何のためにあるのか、どのように使うのかを理解する!
Wesley Wilkerson

なぜ犬に吠え声の首輪をつけなければならないのですか?

多くの人が吠えまくる犬に悩まされています。家に来客があるときや、集中するために静寂が必要なときには、無駄吠え防止首輪が最適です。

特定の周波数の音を鳴らすことで、犬はそれを「ノー」のシグナルとして理解する。

この首輪は、愛犬に吠えないことを教える効果的な方法ですが、いくつかの疑問が生じることもあります。 そこで、この首輪に関連するすべての詳細、購入費用、使用時期、犬が不快に感じたり拒否した場合の対処法について、以下に説明します。

無駄吠え防止首輪の選び方を見る

首輪を選ぶ最良の方法は、最良の価格を探すこと以外に、あなたの犬を理解し、その行動を研究することでしょう。 それについてもっと学びましょう!

無駄吠え防止首輪の価格は?

一般的に、トレーニングのための特定の音の周波数を放出する首輪は、それが犬を傷つけることはありませんし、不快感を提供しないため、最も高価である。

インターネットで購入する場合は、信頼できるサイトでの価格であり、送料は30ドルから50レアルである。 これらの首輪を実店舗やペットショップで探す場合は、これらの費用に短い差があるかもしれない。 また、住んでいる地域も影響するかもしれない。

どのような場合に吠え首輪を使うのか?

最初は、愛犬に不快感やストレスを与えないよう、慣らす必要がある。 曜日を決めて徐々に導入する。

首輪を24時間装着していると、長時間「黙らせる」ことになり、面白くありません。 首輪の目的は、過剰な吠えを抑えることであることを忘れないでください。 そのため、首輪を使用するのは決まった時間帯だけにし、吠えてはいけない時間帯を覚えさせましょう。

また、他の犬に吠えないように学習させるために、散歩に行くときにも装着する。

最高の無駄吠え防止首輪を選ぶには?

市場に出回っているベストな首輪について、専門家に尋ねることが重要です。 良い参考文献もなく、その音の効果が愛犬に与える影響も理解せずに購入するのは面白くありません。

また、愛犬の首のサイズに合ったものを購入し、首が太くなったり不快になったりしないようにしましょう。

関連項目: オカメインコ:遺伝子変異の種類などを見る!

無駄吠え防止首輪に関する質問

では、吠え防止首輪について、ペットに迷惑をかけるかどうか、首輪を交換するのに必要な期間、首輪をつけたままでも大丈夫かどうかなど、疑問点をすべて明らかにします:

子犬が首輪を拒否したら?

初めのうちは、首輪を嫌がることがよくあります。 一般的な首輪を徐々に導入し、慣れてきたと感じたら、無駄吠え防止用の首輪を交互に導入してください。

その後、数時間首輪をつけたままにしておき、遊んだり、軽いおやつを与えたりして、首輪の使用とポジティブな状況を関連付けさせます。 犬が慣れてきたら、吠え防止機能付きの首輪を使用し始めます。 犬の反応を見ながら、少しずつ使用します。 決して無理強いしたり、不快感を与えたりしないでください。 ポジティブなご褒美を与えながら、首輪を使用するようにします。

首輪はどのくらいの頻度で交換すべきですか?

多くの場合、首輪を変える必要はありません。 犬が自然に無駄吠えを減らすことを学ぶまで、一定期間トレーニングを行います。 数ヶ月以内に学ばない場合は、トレーニング方法を変更する必要があります。

これを超えたり、愛犬のトレーニングにもっと時間が必要な場合は、問題なく別の首輪を購入できる。

首輪の音はペットの気になりますか?

この問題については賛否両論があり、専門家の中には、騒音はペットを困らせるものではなく、ペットはそれを「ノー」のシグナルとして理解していると言う人もいれば、「ノー」と理解するのは何らかの不快感によるものであり、そうでなければ吠えるのをやめるという逆の反応は起こらないと主張する人もいる。

さらに、首輪の使用は犬にとって罰のようなものだと感じる人もいる。なぜなら、犬は積極的に報酬を与えられるのではなく、吠えると後退するような音を与えられるからだ。

首輪で犬を縛ることはできますか?

無駄吠え防止首輪は、一般的な首輪に取り付ける器具で、愛犬の首からぶら下げるだけ。 かなりのボリュームがあっても、自分で噛み切ることはできない。

また、愛犬に合ったサイズを購入するのも面白い。大きすぎるサイズを購入したり、適切な調節を行わなかったりすると、鋭利なもののそばを通ったときに犬の首に引っ掛けたり輪になったりする可能性があるからだ。 このような状況以外では、危険はない。

首輪が子犬に害を及ぼすことはありますか?

首輪の使用は犬たちに受け入れられているが、犬たちはむやみに吠えたり、理由もなく吠えたりすることはない。 したがって、吠えるのは他の犬とのコミュニケーションのためだけでなく、縄張りを決めるためでもある。

また、危険を知らせるために吠えたり、嬉しいときや遊んでいるときに吠えたり、それが犬の表現形式であるために吠えたりすることもあります。 このように、首輪の使用は身体的な危害を与えるものではありませんが、正しくしつけなければ犬の心を混乱させ、不安にさせる可能性があります。

愛犬に無駄吠え防止首輪を使いますか?

吠え防止首輪は、犬の法外な吠え声の減少に良い結果をもたらしている、市場の新しいデバイスであることにお気づきでしょう。 害はないにもかかわらず、多くの人々が、発するノイズを信用できないために、使用に不安を感じています。

関連項目: 馬の値段はいくら? 品種別の値段と飼い方を見る

それでも、必要であれば専門家に相談し、機能や愛犬に最適な選択肢を提案してもらうこともできる。

いずれにせよ、決して無理強いはしないこと、拒否された場合は他の治療法で吠えを抑えること。




Wesley Wilkerson
Wesley Wilkerson
ウェスリー・ウィルカーソンは、熟練した作家であり、情熱的な動物愛好家であり、洞察力に富んだ魅力的なブログ「Animal Guide」で知られています。動物学の学位を取得し、野生動物の研究者として長年働いてきたウェスリーは、自然界について深い理解を持ち、あらゆる種類の動物とつながるユニークな能力を持っています。彼は広範囲を旅し、さまざまな生態系に身を浸し、そこに生息する多様な野生動物の個体群を研究してきました。ウェスリーの動物への愛情は幼い頃から始まり、幼少期に住んでいた家の近くの森を探索し、さまざまな種の行動を観察し、記録することに数え切れないほどの時間を費やしました。この自然との深いつながりが彼の好奇心を刺激し、脆弱な野生動物を保護し保全する意欲を高めました。熟練した作家として、ウェスリーはブログの中で科学的知識と魅力的なストーリーテリングを巧みに融合させています。彼の記事は、動物たちの魅惑的な生活への窓を提供し、動物たちの行動、独特の適応、そして絶えず変化する世界で彼らが直面する課題に光を当てます。ウェスリーは気候変動、生息地の破壊、野生動物の保護などの重要な問題に定期的に取り組んでおり、動物擁護に対するウェスリーの情熱はその著作からも明らかです。ウェスリーは執筆活動に加えて、さまざまな動物保護団体を積極的に支援し、人間間の共存を促進することを目的とした地域社会の取り組みにも参加しています。そして野生動物。動物とその生息地に対する彼の深い敬意は、責任ある野生動物観光を推進し、人間と自然界の調和のとれたバランスを維持することの重要性を人々に教育するという彼の取り組みに反映されています。ウェスリーは、自身のブログ「Animal Guide」を通じて、地球の多様な野生生物の美しさと重要性を認識し、これらの貴重な生物を将来の世代のために保護するための行動を起こすよう、人々にインスピレーションを与えたいと考えています。