産卵鶏:最高の品種、繁殖、その他をチェックする

産卵鶏:最高の品種、繁殖、その他をチェックする
Wesley Wilkerson

産卵鶏とは?

採卵鶏は卵を産むことを目的とした鶏であり、ブロイラーは肉の生産と販売を目的とした鶏である。 一見、採卵鶏の飼育は簡単なことのように思われがちだが、そうではない!

卵は私たちが最も消費する食品のひとつであり、十分な質と量の生産を保証するためには、レイヤーの厳格な選択が基本である。 なぜなら、交配によって繁殖された品種もあれば、優れた生産を保証するために遺伝子改良された品種もあるからである。

産卵鶏についてもう少し詳しく知りたい方は、この先をお読みください。

産卵鶏のベスト品種

産卵鶏を飼うことに興味がある場合、適切な品種を選ぶ際には注意が必要です。 以下に、産卵鶏のベスト品種を選びましたので、それぞれの品種の詳細をご覧ください:

産卵鶏 Embrapa 051

エンブラパの051産卵鶏は、生産コストを抑えられるため、家族経営に最適です。 この鶏は、茶色の殻の卵を産むコロニー層で、生産段階が終わると、その肉を食べることができます。

赤みがかった羽毛を持つエンブラパ051は、放し飼いが可能で、さまざまな気候や場所に適応する素朴な雌鶏である。 生後21週目に体重が1.9kgに達すると産卵を開始する。

産卵鶏 黒

出典: //br.pinterest.com

その名が示すように、黒鶏は光沢のある黒い羽毛を持ち、足とくちばしも同じ色をしている。 サイズは小さく、平均体重は約1.8kgに達する。 卵を産むことに特化しており、閉じ込め飼育や半閉じ込め飼育が可能である。

卵を産むために改良された品種であるため、生後19週目から産卵を開始し、80週目に産卵を終える。 卵の色は薄茶色か、赤みがかった濃い色である。

チキン・オーストラロープ

オーストラロープ種は、オーストラリアでイギリスのオーピントン種と交配され、卵の生産と食肉用に飼育されるようになった。 この品種のレイヤーは頑健で、体重は3キロに達し、脚は黒く、羽毛は鮮やかな緑色を帯びている。

この鶏は穏やかな気性で、限られた環境で飼育された場合、通常は非常にうまくいくが、繁殖には向かない。 茶色の卵は生後20週目頃から産まれ始める。

産卵鶏 アイザ・ブラウン

フランス原産のブラウン・アイザは、卵の生産に関して最も古典的な系統のひとつである。 これは、非常に効率的なレイヤーであるためで、1羽で生産可能な卵の数は500個ほどである。

赤褐色で、体重は約2kgと比較的小さく、閉じ込めることができる。 一般的に、生後18週目から21週目にかけて褐色の卵を産む。 ロードアイランド・レッドとロードアイランド・ホワイトを交配して生まれた雑種である。

チキン・パラダイス・ペドレス

出典: //br.pinterest.com

ブラジルで開発されたパライソ・ペドレスは、卵と肉を供給できる大型の鳥で、レイヤーとして広く利用されている。 この品種の平均体重は4kgだが、非常に太りやすいため、7kgに達することもある!

この品種の羽毛は混合で、灰色と茶色の濃淡のある層に分かれており、くちばしは黄色がかっている。 半集中的な飼育が推奨され、産卵最低年齢は70日で、卵は赤い。

ターケンチキン

トランシルバニアン・ネイキッドネックとも呼ばれるターケンは、首の羽毛がないニワトリで、黒、白、ミックス、茶色などがある。 他のニワトリに比べて羽毛の量が少ないにもかかわらず、寒さにはかなり強い。

ヘアレスネックの卵は大きく、色は淡褐色で、体重が3kg程度になる生後6ヶ月頃から産卵が始まる。 順応しやすいこのレイヤーは、自由に飼育することも、限定されたシステムで飼育することもできる。

コーニッシュ

出典: //br.pinterest.com

白い羽毛に赤、黒、黄色のマーキングがあるコーニッシュ産鶏は、主に食肉用のイギリス種です。 レイヤーのサイズは中型から大型で、体重は3kgにもなります。

足は黄色で比較的小さいが、体は頑丈で、太ももと胸が大きく、運動スペースのある放し飼い飼育に適している。 卵は茶色で、6カ月目から産み始める。

産卵鶏 ロードアイランド・レッド

ロードアイランド・レッドレイヤーは赤い羽毛で、尾と翼の先端は黒か赤、足は薄い黄色か白である。

中型で、体重は3kgにもなり、肉用種でもあるため胸が大きい。 あまり寒くない気候で放し飼いにすると、褐色の卵を静かに産む。 産卵は生後4~6ヶ月の間に始まる。

産卵鶏 サセックス

イングリッシュ・サセックス・ヘンは、鋸歯状の紋章、白い皮膚、白、黒、黄色、青の羽毛を持つ。

卵は大きく、黄色またはクリーム色から淡褐色で、生後6ヶ月目までに生産が始まる。 サセックス種の鶏は、卵の生産を向上させるために放し飼いの鶏と交配されることが多い。

産卵鶏レゴルン

レゴルンの体重は最大で2kgに達するため、レゴルンの雌鶏は比較的小型の鳥です。 しかし、小型であっても、この品種は優れた卵の生産者であり、卵は白色で、産卵は5ヶ月目から始まります。

鶏は真っ白でも、白地に黄色っぽい斑点があってもよい。 ストレス傾向のある鶏のために十分なスペースがあれば、閉じ込め飼育も可能である。

養鶏とはどのようなものですか?

産卵鶏の飼育に興味がある方、あるいは興味がある方のために、適切な品種を知るという第一歩はすでに踏み出しました。 ここからは、一般的な飼育の始め方について学んでいきましょう。

創造の形態

養鶏場が場所や気候にどのように適応するかを理解するために、15羽か20羽程度の数羽から始めるのが理想的だ。 こうすることで、飼育頭数を増やし、卵の生産量を増やすことがより効率的になる。

産卵鶏の飼育形態には、放し飼い、閉じ込め飼育、半閉じ込め飼育があり、どの方式を選択するかは、上記で説明したように、選択した品種と飼育の初期適応度によって決まる。

繁殖施設

どのタイプの鶏舎を選ぶにせよ、鶏たちを寒さから守り、オオカミや大型の鳥などの捕食者から守るためのシェルターが必要である。 放し飼いの鶏のシェルターはパドックと呼ばれ、1平方メートルあたり7羽の密度を保たなければならない。

最も複雑なのは、ケージが鶏舎内に設置される閉じ込めシステムで、鶏1羽あたり最低350cm²のスペースが必要ですが、家具付きケージの場合は、鶏1羽あたり最低750cm²のスペースが必要です。

生産段階

卵の生産は3つの段階に分けられる。 最初の段階は「ブルーディング」または「イニシャル」と呼ばれ、生後1日から6週間まで続き、この間にヒナは順応し、くちばしを付けられ、ワクチンを接種される。

第二段階は "飼育"(7~17週)と呼ばれ、この時期にレイヤーの体の発育が行われる。 鳥が適切に成熟していることを確認するため、毎週体重を測定する。

第3の段階は「生産」で、一般的に18週目頃から始まり、屠殺されるまで、鶏の生産的生涯を通じて続く。

フード

平均すると、生産段階にある産卵鶏は、卵1個につき41gの飼料を消費する。 しかし、この数値は品種や飼育システムによって異なる。 例えば、放し飼いの鳥は、昆虫や果物など、飼料以外の餌を掻いたり摂取したりする。

そのため、獣医師に相談し、最適な給餌方法を教えてもらうことをお勧めします。

ケア

ニワトリは病気とは無縁ではありません。 数日で養鶏場全体を壊滅させる病気もあります。 そのため、鶏舎、飼料、水の衛生に十分注意し、汚染を避けることが常に必要です。

また、薬草や予防薬を鶏の食事から与えたり、水に混ぜたりする方法もありますし、もちろんワクチン接種も必要です。 獣医師に相談すれば、その鶏種に最適な病気の予防方法を教えてくれるでしょう。

関連項目: 猫が水を飲みすぎる? その原因と対処法を探る!

経営とマーケティング

良い生産を行うためには、鶏の健康状態を良好に保つことが不可欠であり、これには、鶏が落ち着いた場所にいて、保護され、十分な餌を与えられるようにすることで、鶏のストレスを可能な限り軽減することも含まれる。

関連項目: パラダイス・フィッシュ:この観賞魚のすべてを知る

卵を管理するためには、巣を清潔に保ち、少なくとも1日4回卵を採取するのが理想的である。 また、卵を販売するためには、いくつかの注意が必要である。 卵が合法的に販売されていることを確認するために、自治体または国の検査を実施することが義務付けられている。

産卵鶏について

もしあなたがこのテーマに興味があるのなら、産卵鶏について、もう少し注目に値する興味深い事実がまだいくつかある。 そこで、この鳥についての情報もお届けしよう。

産卵鶏の見分け方は?

卵を産む間、レイヤーの紋章はより赤く、より暖かくなる。 しかし、月日が経つにつれて、鳥の皮膚は脚、くちばし、皮膚の色を失う。 これらの特徴はすべてのレイヤーに見られる。 さらに、これらの鶏は公認の品種に属している。

放し飼いの鶏も卵を産むことができるが、その生産量はレイヤーと比べるとはるかに低く、発育に時間がかかる。 これらの鶏は通常、無作為に交配された結果であるため、公認の品種には属していない。

生涯

優秀な産卵鶏は生後4カ月から卵を産み始めるが、生産期間は比較的短く、1歳くらいになると産まなくなる。

しかし、産卵鶏の寿命はもっと長く、品種や飼育条件によって5年から10年と幅がある。 生産後、これらの鶏は廃棄され、通常は食肉処理場に運ばれるが、寄付されることもある。

鶏卵生産に雄鶏は必要か?

卵の生産には2つの目的がある。食用として販売するためと、販売用または体内繁殖用である。 生産が2番目の選択肢である場合、卵を受精させるため、俗に「コケコッコー」と呼ばれるように、コケコッコーが必要である。

しかし、消費用の卵を生産するだけであれば、雄鶏は必要なく、無精卵(孵化していない卵)の方が保存性が高く、販売に適している。

最適な品種の選び方

まず、卵を生産する目的と、そのためにできる投資を明確にする必要があります。 繁殖品種を選ぶには、系統の死亡率、年間生産率、卵の色、大きさ、卵の質を研究する必要があります。

また、それぞれの品種が気候や耕作システムに対して異なる方法で適応することも覚えておく価値がある。

卵のスペシャリスト

この記事で見てきたように、産卵鶏は卵の生産に特化した鶏で、この目的に適した品種がいくつかある。 最も古く伝統的な産卵鶏の系統も、異なる品種間の交配など、何らかの改良によって得られている。

効率的な生産を行うためには、場所、飼育形態、気候への適応、獣医学的ケア、鳥を扱う際の衛生管理など、いくつかの要素に注意を払う必要があります。 良好な飼育条件を確保し、ストレスを軽減することで、より多くの高品質な卵の生産が保証されます!




Wesley Wilkerson
Wesley Wilkerson
ウェスリー・ウィルカーソンは、熟練した作家であり、情熱的な動物愛好家であり、洞察力に富んだ魅力的なブログ「Animal Guide」で知られています。動物学の学位を取得し、野生動物の研究者として長年働いてきたウェスリーは、自然界について深い理解を持ち、あらゆる種類の動物とつながるユニークな能力を持っています。彼は広範囲を旅し、さまざまな生態系に身を浸し、そこに生息する多様な野生動物の個体群を研究してきました。ウェスリーの動物への愛情は幼い頃から始まり、幼少期に住んでいた家の近くの森を探索し、さまざまな種の行動を観察し、記録することに数え切れないほどの時間を費やしました。この自然との深いつながりが彼の好奇心を刺激し、脆弱な野生動物を保護し保全する意欲を高めました。熟練した作家として、ウェスリーはブログの中で科学的知識と魅力的なストーリーテリングを巧みに融合させています。彼の記事は、動物たちの魅惑的な生活への窓を提供し、動物たちの行動、独特の適応、そして絶えず変化する世界で彼らが直面する課題に光を当てます。ウェスリーは気候変動、生息地の破壊、野生動物の保護などの重要な問題に定期的に取り組んでおり、動物擁護に対するウェスリーの情熱はその著作からも明らかです。ウェスリーは執筆活動に加えて、さまざまな動物保護団体を積極的に支援し、人間間の共存を促進することを目的とした地域社会の取り組みにも参加しています。そして野生動物。動物とその生息地に対する彼の深い敬意は、責任ある野生動物観光を推進し、人間と自然界の調和のとれたバランスを維持することの重要性を人々に教育するという彼の取り組みに反映されています。ウェスリーは、自身のブログ「Animal Guide」を通じて、地球の多様な野生生物の美しさと重要性を認識し、これらの貴重な生物を将来の世代のために保護するための行動を起こすよう、人々にインスピレーションを与えたいと考えています。