ジャブティは何を食べる? 果物、野菜、餌のコツ

ジャブティは何を食べる? 果物、野菜、餌のコツ
Wesley Wilkerson

ジャブティが何を食べているか知っている?

ジャブティは魅力的な動物である。 カメやテラピンとよく混同されるが、ジャブティは重い蹄、円筒形の脚、垂直に引っ込んだ首が主な特徴である。 彼らはおとなしく穏やかで、飼い主にほとんど迷惑をかけないペットの代表であり、またあらゆる年齢層にとって素晴らしい相手である。

雑食性の動物であるため、植物性、動物性の両方を食べるが、どの食べ物が適しているかを知っておく必要がある。 この記事では、ジャブティに与えるのに最適な果物、野菜、そして昆虫について紹介する。 また、ペットに与える際の注意点も紹介する。

ジャブティが食べる果物

ジャブティーの食事でとても重要なのは果物です。 ジャブティーの健康に良いだけでなく、ペットの口が喜ぶようなとても美味しい果物をいくつかご紹介しましょう。

バナナ

バナナにはカリウム、ビタミン、抗酸化物質などの栄養素が豊富に含まれているため、ペットの免疫力を高め、病気にかかりにくくする効果があります。 また、バナナには食物繊維も豊富に含まれているため、ペットの消化を助ける効果もあります。

ただし、バナナは高カロリーなので、赤ちゃんの食事に取り入れる際には十分な注意が必要である。 健康上の問題を避けるためには、少量ずつ、間隔をあけて与えることが必要である。

キウイ

キウイはとてもおいしいだけでなく、繊維質、ビタミンK、カリウムなど、消化促進、血液凝固促進、体内強化など、ペットの健康に重要な栄養素を豊富に含んでいます。

バナナと同じように、キウイには抗酸化物質が豊富に含まれており、動物の免疫システムを強化し、病気を予防するのに役立つ。 ただ、バナナと違ってキウイはカロリーが低いので、少し多めに食べても大丈夫だが、食べ過ぎには注意が必要だ。

グレープ

小粒でおいしいブドウは、ジャブティの好物のひとつである。 抗酸化物質も豊富で、病気の予防に役立つが、主な効能は心臓に関するものである。

ブドウにはビタミンKが豊富に含まれており、血液凝固を助け、循環器系を強化し、血圧を下げる作用がある。 また、カルシウムを体内に定着させ、骨を丈夫にする作用もある。 小粒なので、おやつとして時々与えてもよい。

食物繊維が豊富な桃は、ペットの腸の働きを良くし、消化を助けます。

他の果物と同様、桃にも抗酸化物質が豊富に含まれており、免疫力を高めてさまざまな病気を予防し、ペットをより健康で病気に強い体にしてくれる。 さらに、ビタミンAが豊富な桃は、動物の視力にもいくつかの効果がある。

関連項目: 子犬が食べられる野菜:全リストと注意事項など!

ジャブティが食べる野菜

ジャブティには、果物は控えめに与える必要がありますが、野菜は食事の中で大きな存在感を示す必要があります。 ジャブティに与えるのに適した野菜を以下にご紹介します。

キャロット

おいしいだけでなく、ニンジンには鉄分とカルシウムが豊富に含まれているため、ジャブティの骨と蹄を丈夫にするのに役立つ。 また、ビタミンK、A、Cも豊富で、これらの栄養素の定着や動物の免疫力を高め、病気にかかりにくくする効果がある。

ただし、ニンジンはカロリーも炭水化物も高いので、ジャブティに与える量は他の野菜より少なめに、頻度も少なくすることが重要である。

キャベツ

また、カルシウムが豊富なキャベツは、カメの骨の維持やひづめの強化にも役立つ。

ケールには、免疫力を高め、感染症を予防するビタミンCも豊富に含まれている。 それだけでなく、ビタミンCはジャブティの骨や軟骨の健康維持にも役立ち、ペットを丈夫で健康にする。

ルッコラ

ジャブティが好んで食べるもうひとつの葉はルッコラで、ペットの免疫システムを強化するビタミンCや、血液循環と骨の健康を助けるビタミンKも豊富だ。

ルッコラにはビタミンAが豊富に含まれているため、動物の目の健康にも役立ち、赤ちゃんの視力維持にも役立ちます。 さらに、ルッコラに含まれる食物繊維は消化を助け、ペットの満腹感も高めてくれます。

ほうれん草

アニメで有名なホウレンソウもジャブティが大好きな野菜だ。 ホウレンソウにはビタミンA、ビタミンK、カルシウムが豊富で、それぞれ視力回復、血液凝固、骨強化に役立つ。

ほうれん草にはタンパク質も豊富に含まれており、臓器の正常な働きと体の健康を維持するために非常に重要である。 さらに、この野菜は頻繁に与えると、動物の消化を助け、便秘などの問題を解決する。

ブロッコリー

ジャブティが好んで食べるもうひとつの野菜はブロッコリーで、抗酸化物質が豊富なため、動物の細胞の老化を遅らせ、免疫システムを強化する。

また、カリウムやマグネシウムも豊富で、血圧や血液凝固の調節に役立つため、ペットの心臓の健康に大いに役立つ。 その上、ジャブチの咀嚼運動にも最適である。

キュウリ

ジャブティが最も好んで食べる野菜のひとつがキュウリである。 抗酸化物質が豊富なキュウリは、ジャブティの免疫システムを強化する働きもある。 その上、キュウリは水分が豊富なため、動物の満腹中枢を刺激し、ジャブティがそれほど食べなくても満足感を得られる食品であり、減量が必要な場合には理想的である。

とはいえ、キュウリは他の野菜ほど栄養素が豊富ではないので、食事に単品で与えるのはお勧めできない。

ビートの葉

ロケットと同様、ビーツの葉にはビタミンAとビタミンKが豊富に含まれており、それぞれ目の健康と血液循環を助ける。 また、非常においしいだけでなく、カルシウムの宝庫でもある。

ただし、ビーツの葉にはシュウ酸が豊富に含まれているため、ビーツの葉を過剰に摂取するとペットの腎臓系にダメージを与える可能性があるため、ジャブティに与えるのは少量で頻度も少なく、また水をたくさん飲むことに慣れている場合に限ったほうがよい。

ジャブティに餌を与えるその他の方法

非常に重要ではあるが、ジャブティが食べるのは果物、野菜、緑黄色野菜だけではない。 タンパク質は、臓器を強化し、体を正常に機能させる役割を担っているため、彼らの食事において非常に重要である。 以下に、ジャブティのその他の食べ物をいくつか紹介しよう。

昆虫

ベジタリアンが主体だが、ジャブティは昆虫も好んで食べる。昆虫はタンパク質が豊富で、ジャブティに良い影響を与える。

コオロギやバッタは、ジャブティにとってタンパク質が豊富な昆虫の一例である。 庭で見つける以外にも、インターネット上の専門サイトで冷凍保存されたものを購入することも可能で、平均価格は各100単位45ドルである。 各食物の推奨量についてもう少し詳しく知りたい場合は、この文章を読み続けてください!

幼虫

幼虫は、ジャブティの食事にタンパク質源を含めるのに最適なオプションでもある。 幼虫はジャブティが庭で簡単に見つけることができるが、専門のウェブサイトやペットショップで購入することもできる。

多くのジャブティがテネットの幼虫を喜び、100個35円程度で売られている。 ただし、昆虫と同じで、幼虫をジャブティに偏った与え方をすると、太らせすぎなどの問題が発生することがあるので注意が必要だ。

カタツムリ

昆虫や幼虫だけでなく、多くのジャブティはカタツムリも好んで食べる。

カタツムリは動きが鈍いため、カメの格好の餌となり、カメは庭でカタツムリを見つけ、空腹を感じると食べる。 インターネットでも購入できるが、昆虫や幼虫に比べると高価である。 いくつかの専門サイトでは、1個平均20ドルで販売されている。

ジャブタが食べられないもの

ジャブティが食べられるものはすでにこの記事で紹介したとおりだが、他の動物と同じように、ジャブティにとって良くない、避けるべき食べ物もある。 ジャブティが食べられない食べ物を以下に挙げる。

アボカド

アボカドは私たちにはかなりヘルシーだが、ジャブティにはかなりの害がある。

これは、アボカドが非常に脂肪分の多い食品であることが原因である。 運動をあまりしないジャブティには、脂肪分の多い食品の摂取はできるだけ避ける必要がある。 したがって、ジャブティにはアボカドを与えないことが重要であり、代わりにこの記事で紹介したような別の果物を選ぶことをお勧めする。

マッシュルーム

また、人間にとっては魅力的な食べ物でも、ジャブティにとっては害になる可能性があるのがキノコ類である。 キノコ類はジャブティにとってはタンパク質が多すぎるため、過剰摂取によってペットの生体に害を及ぼす可能性がある。 さらに、工業化されたキノコ類には防腐剤がたくさん含まれており、これもジャブティの健康を害する可能性がある。

庭や公園など、さまざまな場所に生えているキノコは、毒を持っている可能性があるため、さらに注意が必要である。 したがって、ジャブティにキノコを与えることは、動物の生体に害を与える可能性があるため、避けることが重要である。

砂糖の多い食品

先に述べたように、ジャブティは太りすぎや肥満の危険性が非常に高いため、他の動物よりも規則正しく管理された食事が必要である。

このように、ジャブティには、蜂蜜、ケーキ、お菓子、パン、ゼリー、ジュースなど、糖分の高い食べ物を与えないようにすることが肝要である。 したがって、甘いものを食べていて、ジャブティがお腹を空かせているようであれば、よく考えずに、おいしい野菜や野菜をペットに出してあげよう。

他のペット用フード

多くの人がジャブティにキャットフードやドッグフードを与えても問題ないと思っているが、それは間違いだ! ジャブティは他のペットのフードを食べることができない。このフードは他の動物の体を考えて特別に作られているからだ。

そのため、他の動物の食べ物を食べると、ジャブティの食生活が完全に偏り、栄養失調になったり、ジャブティの生体に必要な栄養素の過不足から病気にかかったりすることもある。

ジャブタの餌の与え方

ジャブティが食べられるもの、食べられないものについてはすでに話したが、ジャブティにはどのように餌を与えればいいのだろうか? ジャブティに餌を与える際のヒントを以下でチェックしてみよう。

関連項目: 犬は豚肉を食べられるのか?

ジャブチの量

ジャブチの食事は、野菜、果物、動物性タンパク質のバランスがとれていなければならない。ジャブチの食事の85%は野菜、10%は果物、そして昆虫、幼虫、カタツムリを含む動物性タンパク質は5%でなければならない。

動物性タンパク質の部分は、特定のジャブティの飼料で置き換えることができるが、それぞれのジャブティに何が最適か、栄養学の獣医専門家に確認する必要がある。

ジャブタに餌を与える頻度

ジャブティにフードを与える頻度については、ペットが1日に必要な栄養素をすべて摂取できるよう、整理して与えることが非常に重要です。 ジャブティには、1日1回、毎日野菜を与えることが必要です。 また、ジャブティがさまざまな種類のフードや栄養素を摂取できるよう、日によって野菜を変えることをお勧めします。

一方、動物性タンパク質は週に1回だけ与える。

カルシウムの補給が重要

チーターの骨や蹄を丈夫にするためには、カルシウムを多く含む餌を与えることが大切です。 チーターの蹄や骨格を丈夫にするためには、カルシウムを多く含む餌を与えることが大切です。

症例によっては、特別なサプリメントを使用する必要がある場合もあるので、栄養学の専門家である獣医に相談し、ペットにとって最良の選択肢を見つけることが非常に重要です。

ジャブティにはさまざまな食の選択肢があるが、バランスと節制が必要

この記事でお分かりのように、ジャブティは日常的に膨大な種類の食事を楽しむことができる。 しかし、太りすぎやその他の病気などの問題を避けるために、彼らの食事は調節され、バランスが取れている必要がある。

バナナやニンジンのように適度に与える必要があるものもあれば、アボカドやキノコのように避けるべきものもある。 また、ジャブタの骨と蹄を健康に保つためにはカルシウムが不可欠であり、サプリメントを摂取する必要がある場合もあるので、栄養学を専門とする獣医と一緒に過ごすことが重要であることを見てきた。

だから、この魅力的な動物が最高の健康状態を保つためには、このテキストで紹介されている適切な割合で餌を与えることが必要なのだ。 そうすれば、あなたのジャブティは健康であるだけでなく、楽しくておいしい生活を送ることができる。




Wesley Wilkerson
Wesley Wilkerson
ウェスリー・ウィルカーソンは、熟練した作家であり、情熱的な動物愛好家であり、洞察力に富んだ魅力的なブログ「Animal Guide」で知られています。動物学の学位を取得し、野生動物の研究者として長年働いてきたウェスリーは、自然界について深い理解を持ち、あらゆる種類の動物とつながるユニークな能力を持っています。彼は広範囲を旅し、さまざまな生態系に身を浸し、そこに生息する多様な野生動物の個体群を研究してきました。ウェスリーの動物への愛情は幼い頃から始まり、幼少期に住んでいた家の近くの森を探索し、さまざまな種の行動を観察し、記録することに数え切れないほどの時間を費やしました。この自然との深いつながりが彼の好奇心を刺激し、脆弱な野生動物を保護し保全する意欲を高めました。熟練した作家として、ウェスリーはブログの中で科学的知識と魅力的なストーリーテリングを巧みに融合させています。彼の記事は、動物たちの魅惑的な生活への窓を提供し、動物たちの行動、独特の適応、そして絶えず変化する世界で彼らが直面する課題に光を当てます。ウェスリーは気候変動、生息地の破壊、野生動物の保護などの重要な問題に定期的に取り組んでおり、動物擁護に対するウェスリーの情熱はその著作からも明らかです。ウェスリーは執筆活動に加えて、さまざまな動物保護団体を積極的に支援し、人間間の共存を促進することを目的とした地域社会の取り組みにも参加しています。そして野生動物。動物とその生息地に対する彼の深い敬意は、責任ある野生動物観光を推進し、人間と自然界の調和のとれたバランスを維持することの重要性を人々に教育するという彼の取り組みに反映されています。ウェスリーは、自身のブログ「Animal Guide」を通じて、地球の多様な野生生物の美しさと重要性を認識し、これらの貴重な生物を将来の世代のために保護するための行動を起こすよう、人々にインスピレーションを与えたいと考えています。